icon title 施工管理の求人増加

施工管理の仕事は、建設工事現場での施工全体を管理・監督することです。
着工から竣工まで、工期内に完成させるために工程管理、品質管理、原価管理、安全管理等を行います。
定められた予算と工期の中で、現場の施工担当者、発注者、メーカー等と打ち合わせをしながら、仕事を進めていきます。
最近、この施工管理の求人が増えています。
東日本大震災後の復興工事に加え、東京オリンピックに向けての関連施設の建設工事、高級マンションの建設ラッシュ等が重なり、人手不足の傾向にあります。

また、地震に備えての建築物の耐震化など、建設関連業界の繁忙は引き続くものと考えられています。
求人情報を見ると、施工管理の求人が多いことが分かります。
ネットでの検索でも多くの求人情報がヒットします。
転職者の声も掲載されているサイトもあり、施工管理の仕事について具体的に書いてあります。
現場で働く職人さんたちとコミュニケーションを取りながら、ひとつの仕事を完成させていくことにやりがいを感じるという声が多くあります。
これから転職を考えている方には、将来性もあり、ひとつの候補にあがるかもしれません。
途中から施工管理の仕事に転職するという場合にも、未経験者の求人をしている企業もあります。
一から指導を受け、施工管理業務が行えるようになる道は出来ています。
求人情報の内容を確認し、今後もこの仕事の需要が高いときを転職のチャンスと捉え、一歩を踏み出す良い機会となるでしょう。

工事

icon title 施工管理の転職のコツ

建築関係に携わる方の給与が高騰していることは、ニュース等で見聞きすることも多くなっておりますが、中でも施工管理技士の給与は高く推移しています。
建築従事者の数が少なくなってきていることが背景にありますが、建築現場における施工管理技士の仕事には非常にやりがいがあるという魅力があり、特に将来的に名を残すような建物を建てられるようになると誇らしい気持ちにもなるものです。
実際に施工管理技士の求人は非常に多く見られます。

全国的にも増加傾向にありますので、数ある求人情報から自分に適した仕事をすることが期待出来ます。
実際に転職すると、直ぐに施工管理技士として働けるという訳ではなく、資格を取得する必要がありますので、現場で仕事をしながら学ぶことになります。

これは非常に勿体無いことであり、施工管理技士になろうと考えるのであれば、転職に踏み切るべきといえるでしょう。

工事現場

icon title タイミング

何事も思い立った時が行動のチャンスです。
そのチャンスを活かすか殺すかは自分次第ですが、せっかくなのですから活かしたいものです。

転職をする場合は、転職サイトを活用することで手間がなく進めることが期待出来ます。
求人情報は多くありますので、どれにすれば良いのか悩むこともあるかもしれませんが、転職サイト側で初めに登録した情報などをベースにして、自分に合った求人情報を紹介してもらえることになりますので、転職を考える上では活用したいものです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930